FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

小林多喜二

2007.09.03
なんでもかんでも売れれば缶詰にしてしまうんですね。

「らーめん缶」の次は「うどん缶」です。

小林多喜二という小説家がいました。

一躍プロレタリア文学の旗手として注目を集めた作家です。

代表作に蟹工船があります。

子供の頃蟹工船を読みました。

以来蟹缶に関してトラウマです。

蟹缶は高価なものですけど、工船蟹の味を、この上なくまずくした張本

人が小林多喜二という作家です。

ランキング参加中
   ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 恋する主婦へ

「らーめん缶」の次は「うどん缶」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000031-zdn_n-sci
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuroimrs.blog115.fc2.com/tb.php/46-d5583f2f
日本橋バビロン【あいなのblog】
今でいう東日本橋を中心に、両国、柳橋、人形町、浜町あたりの、ここ100年間くらいの栄枯盛衰。大正時代くらいまでは日本の中心と言っても過言でなかった日本橋が、関東大震災、空襲で跡形もなくなっていく様子。東京の「下町(文化?)」も、同時に失われてく様子。それ
【2007/10/03 00:44】
モオツァルト・無常という事 (新潮文庫)【あいなのblog】
小林秀雄の書いたものは勉強にならないものがない。「核心に迫る」という言葉があるが、彼ほどこの言葉の似合う人はいない。また彼の評論には、現代の評論家たちがどこかに置き忘れている、品位と読み手を引き込む知的探求心が備わっている。日本の評論(評論家たち)は元...
【2008/01/08 07:53】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。